個人再生(個人民事再生)とは

個人再生(個人民事再生)の2つの手続き

個人再生には,返済が困難なことを裁判所に認めてもらい,減額された借金を原則3年かけて分割で返済していく手続です。民事再生には2つの手続きがあります。
※借金の総額は10%~20%まで減額されます

1.小規模民事再生(しょうきぼみんじさいせい)

個人事業主やサラリーマンなどで,借金が5000万円以下の人を対象にしています。

2.給与所得者等再生(きゅうよしょとくしゃとうさいせい)

「1」の小規模民事再生が利用可能で,収入の変動幅が小さい人が手続きできます。

ページトップへ

個人民事再生が向いている方

次のようなケースの方が個人再生に向いています。

  • 家や自動車などの財産を維持したい場合
  • 自己破産すると就業を制限される職業の人
  • 自己破産しても免責を得られる可能性がない場合

ページトップへ

個人民事再生のメリットとデメリット

個人民事再生のメリット

  • 家や自動車などの高価な財産を維持できる
  • 借金を大幅に減額できる

個人再生のデメリット

  • 借金がゼロになるわけではない
  • 弁護士費用や予納金(個人再生委員報酬)が多少高額になってしまう

ページトップへ

民事再生について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)
		詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

民事再生に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所